家電線

最終更新日:2024/07/19
銅・雑電線
価格:時価 大口相談 円/Kg(税込・弊社へ納入時)

 

    1. 家電製品の電力供給用として広く使われている電線であり、銅率は35%前後(但し内線は細い)。
    2. 先端部分は付いていても問題ないが、ACアダプタやタップ等、電線以外の部分はダスト扱いとなり、減額が生じる。家電線は細く、これらの部分はハサミ等で容易に除去可能。
    3. VA線(Fケーブル、灰色の平たい線)と銅率で比較すると、銅率の差以上に低値に見えるが、これは内線が細く、剥いてもピカ線にならないため。
    4. 同軸ケーブル(アンテナ線)や鉄線付雑線のように、銅率が家電線に満たない低質の雑線も存在し、それらの中には買取できないものもある(剥線作業費が取出した銅の価値を上回る)。
    5. 被覆に相当する部分が金属(鉄や鉛、金属網等)や硬い樹脂等、剥くことが困難なものは買取りしないことがある(内部の銅線を取り出しリサイクルするのが目的なので、容易に剥けることが重要)。剥線が困難なアジロ線(船用電線、舶用線)は買取らない。